アニメ おススメ ピンクパイナップル 淫獣シリーズ

淫獣家庭教師【アニメ】【おススメ?】

投稿日:2018年8月14日 更新日:

淫獣家庭教師

1996年発売

メーカー:ピンクパイナップル

キャラクターデザイン:朧 月夜


↓ランキングに参加、応援クリックお願いします!


淫獣家庭教師の概要

「淫獣教師」や「淫魔妖女」などオリジナルの触手モノを出してきた、ピンクパイナップルのオリジナル触手アニメ。

もはや、淫獣シリーズですね。

さて、「淫獣教師」「淫獣女教師」ときて今度は家庭教師w

タイトルだけ見るとマンネリ化と言うか何と言うかw

まあ、エロってマンネリ化で良いと思うんですけどね。

この作品は珍しい、触手和姦があります。

あと、絵柄が結構好きですね。女の子が可愛いです。

絵も良く、触手も多めの良作です。

淫獣家庭教師のあらすじ

時代は大正?

主人公は「美保」ちゃん。

美保ちゃん、なかなか可愛い

いきなり美少女が触手に襲われるシーンから始まります。すばらしい。

なんでも、淫獣が若い女の子を捕まえてエキスを吸って殺しているという事。

淫獣は自分の姿を変えられるらしく、イケメン()に姿を変え、美保の親友の梓(あずさ)ちゃんに近づきます。

梓ちゃん、こちらも可愛い

正体は淫獣のイケメン家庭教師

結局、梓ちゃんは淫獣に殺されてしまい、親友を殺されたショックで傷心している美保に近づく、一人の黒服の男。

実はこの男も淫獣なのですが、

この男いわく「淫獣は人の女性のエキスを吸って生きてるが、これまで女性を殺す様な事はしなかった、人の女生と共存しないと生きてない。おれはあの悪い淫獣を倒すため追いかけてきた」という事。

もう1人の淫獣。こちらもイケメンwでも中身は淫獣

つまり、解りやすく言うと、この黒服は良い淫獣で、イケメン家庭教師は悪い淫獣ですね。

で、黒い石と、光の石とか言うドラクエで出てきそうな名前の石の話などが(詳細はどうでもいいので割愛)あり、

結局、主人公と良い淫獣で、悪い淫獣を倒して終わり。

というお話でした。

ちなみにクレジットの最後に良い淫獣が復活した悪い淫獣に不意打ち食らって唐突に死ぬんですが全然いらない話という気がしました。

そのあと悪い淫獣にヒロインが犯されるならもちろん欲しいシーンでしたが。

見所触手シーン

触手シーンは非常に充実

①いきなりヤラれるモブっ子

始まったと同時にいきなり触手シーン。

非常に可愛い上に、触手乳首責めから、「立ち松葉」の体位で挿入後、バックでガンガン突かれます。

立ち松葉体位で約20秒、バックで約1分間ガンガン突かれています。モブっ子の触手ピストンとしてはかなり優遇されていると思います。

正直、触手エロ目的でこの作品をみる場合、この最初のシーンだけで充分楽しめます。

また、後述しますが、この作品の特徴の悪い淫獣は女性のエキスを吸いすぎてミイラ化していまうんですが、このミイラ化がエロシーンに含まれていない事がこの娘の良い所です(後でミイラ化された事は解るのですが)。キレイなままイってくれるので安心です。

②ミイラ化が無ければ完璧だった次のモブっ子

悪い淫獣の第2の犠牲者、またただヤラれるタメだけに出てきたモブっ子です。今度は少し大人っぽいスタイル抜群の巨乳美人です。

美人×触手

今度はバックから挿入され暫く突かれると、M字開脚でガンガン突かれてイってしまいます。

M字開脚で攻めている間、常に両乳首を触手愛撫している所がかなりポイントが高いです。拘束&乳責め&挿入・・・こいうのは触手責めの醍醐味だと思うんですよね。

入れながら乳首もクリクリ

最高のモブっ子の触手シーンではあるのですが、本当に残念なのがイッた直後というか、イキながらこのお姉さんがミイラ化する所。

もうこれだけは本当に最悪でした。

淫獣女教師で、イッた後に男がミイラ化するシーンはありましたがアレは全然あり、アレとコレでは全然違う。

美しい女性に性的な行為をするのをこちらは楽しんでるのに・・

いずれにしても、折角の超エロ触手シーンなのに最後で完全に萎えてしまいます。

ただ、上手いこと最後を見なければ名シーンである事には変わりありません。

アニメみてるんじゃなくて、静止画のエロ触手画像を見てるんだ!と割り切って、コマをストップして楽しむのがおススメです。

③数秒に詰まった、梓ちゃんの触手シーン

梓ちゃんは、イケメン家庭教師とのベッドシーンがありますが、触手シーンは何故かカット。まあミイラ化見せられない事を考えると良かったともいえるかも。

しかし、例の良い方の淫獣が梓ちゃんが殺された時の事を話してる時に、回想シーンとして一瞬だけ、梓ちゃんの触手シーンがあります。

僅か10秒弱のシーンですが、意外とスタイルの良い梓ちゃんが無理やり足を広げられて触手を入れられているこのシーンはなかなか良いシーンです。

意外とスタイルの良い梓ちゃん

ちなみに、梓ちゃんは男好きみたいなんですが、イケメン家庭教師とのベットシーンでは、エロいフェラシーンや、積極的な騎乗位などなかなか良いセックスシーンも見せてくれます。こちらも必見です。

④モブっ子達次々とミイラ化()

淫獣シリーズで割りと定番の、クライマックスで淫獣が沢山のモブっ子を一斉に触手で犯すシーン。意外と可愛い子が次々と触手の餌食になる毎度おなじみの良シーン・・・・

と言いたいんですが、例の如く、イクと同時にみんなミイラ化。

可愛いモブっ子達が次々と触手の餌食に。

本当に無い。こんな可愛い子達が可愛いままイク姿が見たかった。

なんならミイラ化するアニメーション作る暇があるなら、精液でもぶっかけるシーンを作って欲しかったですね・・・本当に残念。

⑤主人公と良い方の淫獣の和姦

さて、主人公と良い方の淫獣が力を合わせて、美少女をミイラ化させる悪い淫獣を倒します。

しかし、光の石がどうこうのせいで良い淫獣も瀕死となります。

さて、親友梓の仇を一緒に討ってくれた、良い淫獣のために主人公がひと肌脱ぎます。

女性のエキスが食料の淫獣に自分のエキスで元気になってね(ハート)という事です。

良い方の淫獣のためにひと肌脱ぐことを決意

自ら触手を乳首に当てると、淫獣さん元気になってきます。

触手和姦プレイとなります。

全身触手愛撫の後は、四つん這いになった美保ちゃんを後ろから触手で責めます。

後ろから突かれて悶える美保ちゃん

この作品の良い所は、突いている間も他の触手がイロイロ仕事をしてる所ですね。このシーンでも突いている触手以外の触手が、美保ちゃんの乳首とお尻をナデナデしているのがかなりツボでした。

まあ、触手と言えば、触手で無理やり体を拘束出来るの事も醍醐味のひとつである事を考えるとレイプシチュエーションの方が触手プレイには合っているのですが・・・

触手の魅力は凌辱レイープだという属性の人も多いと思うので、触手和姦は好みが解れるかもしれないですが、個人的にはこの触手シーンは割と好きです。1本1本の触手を大事に使っており、良いシーンに仕上げているなと思いました。ミイラ化も無いし(笑)

 


という訳で、非常に充実した触手シーンと可愛い絵柄で興奮させておいて、ありえないタイミングのミイラ化で見ている人を奈落に叩き落す、なんとも微妙な作品。

ミイラ化が無ければ間違いなく超おススメ作品なんですが、おススメして良いのか悩む作品です。

ちなみに自分は上記の通りミイラ化しないモブっ子とでかなりヌカせて頂いたのと、ミイラ化を直前で止める作戦でそこそこヌカせてもらってはいます。もはやテクニックの域・・・上手いことピックアップしておかずにしてます。

動画配信は無いのですが、20年経った今でもDVDは通販で購入可能で、1度見てみる価値はあるかもしれません。

淫獣家庭教師DVD通販はコチラ

淫獣家庭教師を含む淫獣シリーズを全て収録したお得なDVD通販はコチラ

-アニメ, おススメ, ピンクパイナップル, 淫獣シリーズ


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

PIECES 5 HELL HOUND-02【イラスト集】【おススメ】

概要 基本情報 2011年1月発売 著者: 士郎正宗 ↓ランキングに参加、応援クリックお願いします! 内容 あの、攻殻機動隊が代表作の士郎正宗が手がけた画集。 「PIECES 1」はエロなしだったので …

淫獣エイリアン【アニメ】【がっかり】

淫獣エイリアン 1996年発売 メーカー:ピンクパイナップル ↓ランキングに参加、応援クリックお願いします!   概要 「淫獣教師」のピンクパイナップルがこの頃複数出した淫獣シリーズの1つ。 …

【美人セクシー研究員】カンブリアン 1st stage 淫獣の感染

フェロモン出しまくりのグラマラス美人セクシー研究員が触手進化論の実験の為触手性交を強いられる。「触手は進化!性交は愛情!触手プレイは究極の愛情だ!」と言い張る天才科学者マッドサイエンティストによってそ …

超神伝説うろつき童子2 – 超神呪殺篇【アニメ】【名作】

超神伝説うろつき童子2 – 超神呪殺篇 1988年3月21日発売 ↓ランキングに参加、応援クリックお願いします!   概要 名作触手アニメ、「うろつき童子」の続編。 この作品では …

【BAD COMPANY】淫獣チェイサー茜2 (密室触手凌辱事件)【同人】

概要 基本情報 2012年02月28日 サークル:BAD COMPANY   淫獣チェイサー茜2 (密室触手凌辱事件) ↓ランキングに参加、応援クリックお願いします!   内容 B …


アダルトブログランキング

RSS フィード

PR